Find

セバスチャン・ベッテル

■国籍/ドイツ■出身地/同・ヘッペンハイム■生年月日/1987年7月3日 ■初期の経歴/1995年にカートを始め、2002年までにドイツ・ジュニアカート選手権、ヨーロッパICAジュニア選手権などでチャンピオンタイトルを獲得。2003年にはドイツフォーミュラ・BMW選手権に「ADAC ベルリン・ブランデンブルク」チームから参戦し、初年度は19戦中5勝でランキング2位。2004年には20戦中18勝、ポールポジション14回、ファステストラップ13回、全戦表彰台という圧倒的な成績でチャンピオン。2005年にはF3ユーロシリーズに「ASL ミュッケ・モータースポーツ」チームから参戦し、総合ランキングで5位。ルーキーの中ではトップという上々の成績で終えたものの、この年の選手権はルイス・ハミルトンに完全に支配され、未勝利。 2006年も引き続きF3ユーロシリーズに参戦したが、7月半ばにイタリアのミサノで開催されたワールドシリーズ・バイ・ルノーに「カーリン・モータースポーツ」チームからスポット参戦し、開催された2レースともに優勝。8月、レッドブルからBMWザウバーへ2年契約で貸し出され、同チームのサードドライバーとして8月末の第14戦トルコGPから最終戦ブラジルGPまでの5戦で帯同し、金曜日のフリー走行に出走。初走行となったトルコGPの金曜フリー走行でトップタイムを記録し注目を集める。F3ユーロシリーズでは20戦中4勝をあげてランキング2位。ワールドシリーズ・バイ・ルノーでは3レースのみの参戦でランキング15位。同年にカーリン・モータースポーツから参戦した4人のドライバーの中では唯一優勝を記録。2007年は引き続きBMWザウバーのテストドライバーを務めるとともに、ワールドシリーズ・バイ・ルノーにシーズン途中まで参戦。2007年、第6戦カナダGPで大クラッシュしたロバート・クビサが、第7戦アメリカGPを欠場したため、代役として急遽F1に参戦。この19歳349日で参加したレースで8位に入賞し、ジェンソン・バトンの20歳67日を更新し、F1史上最年少入賞記録を樹立した。

コメント
×
掲示板を探す・作る
掲示板情報
カテゴリー モータースポーツF1
関連まとめ モータースポーツ
最終更新日 2015-04-07 15:13:19
掲示板情報
カテゴリー: モータースポーツF1
関連まとめ: モータースポーツ
最終更新日: 2015-04-07 15:13:19